大型ジャイレトリクラッシャのモニタリングシステムを採用した現地肉盛溶接補修(WAJ5G832)

大型ジャイレトリクラッシャ用に開発された独自の溶接システムを採用し肉盛溶接を行うとともに、スマートウェルディング実現への試みとして、安全性と遠隔操作性を配慮したモニタリングシステムを採用し、溶接中の異常の発見、ビード外観、突出し長さを遠隔にて確認した概要をご紹介します。(324KB/pdf)

ダウンロードにはパスワードが必要です