ボイラ水冷壁パネルの肉盛溶接施工(WAJ5G852)

ボイラ水冷壁パネルは、使用される燃料を含むその稼動条件により腐食あるいは摩耗を生じ減肉します。 本資料にて、ボイラの長期安定稼動につながる表面改質技術として、耐食(硫化腐食および塩化腐食)や 耐摩耗による減肉対策としての肉盛溶接施工技術をご紹介します。(290KB/pdf)