ボディライナの肉盛再生(WAJ5G845)

粉砕物の流れを制御しているボディライナは、熱風および粉砕物により摩耗します。 特に摩耗が進む事ことにより局部的な貫通および欠落が発生しミル内壁が損傷する為ボディライナの交換が必要となります。本資料にて当社の耐摩耗に関する取り組みをご紹介します。 (193KB/pdf)